×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自らネットショップを開店し独自のサイトで運営するタイプと、ショッピングモールに出店するというタイプとがあります。
出店と、独自サイトでの販売とで違いはあるのかメリットとデメリットを説明してみましょう。

ショッピングモールのメリットから説明しましょう。
たとえ初心者でも簡単にショップを開店することができます。
出店するには普通ですと出店するための費用がかかりますが出店するための支援として、簡単にインターネットショップを作れるツールなどを利用することができます。
ほとんどのものがショッピングカートから決済までのシステムが装備されているので、難解なプログラムを知っていなくても能率よく経営に力を注ぐことができます。
ショッピングモールのパターンでは、1日に何百万人ものお客様が訪問されます。独自サイトでこれだけたくさんのお客様の数の訪問者数を集めるのはよね。
商品の在庫を持たずに商品を売ることができるという、経営方法のひとつです。

在庫ゼロで取り引きができるのなら、商品の仕入れ費用や在庫の保管場所も必要ありませんし、仕入れや在庫の管理、商品の発送をする手間を省略することができます。
簡単ですよね。
英語に訳すと直送という意味です。

ショップ経営者はサイトで注文を受け、それを商品のメーカーに発注するだけです。
ご存じ、在庫を持たなくても良いということです。
簡単で便利ですよね。
商品は、ご自分のショップの名義で発送されますので、お客様から見れば、メーカーから直接届いたのではなく、ご自身のショップから買ったと思っていただけるのです。